論語

去る者は追わず、来る者はむしろ「追う」ように接する。

本日のテーマは、 「去る者は追わず、来る者はむしろ『追う』ように接する。」 です。 往く者は諫む(いさむ)べからず、来る者はなお追うべし。 これは論語に書かれた言葉である。 意訳すると、以下の通り。 去っていく者は追うべきではない。 来る者はむしろ追うように扱おう、という意味。 会社経営でも同じ。 去る社員やお客さんなどは追わない。 そして、会社に来たいと思っている人には、むしろ、こちらから追うか […]

成功は自らの努力でつかむもの。

本日のテーマは、 「成功は自らの努力でつかむもの」 です。 君子はこれを己れに求め、小人はこれを人に求む。 これは論語に書かれた言葉である。 シンプルに意訳すると、成功やチャンスは自らの努力によって掴むものであるということ。 他人や社会が何かしてくれると当てにしてはいけない。 逆を言えば、うまくいかないのは、すべて自分のせいということでもある。  

楽しんでいる人には敵わない。

本日のテーマは、 「楽しんでいる人には敵わない」 です。 これを知る者はこれを好む者にしかず。 これを好む者はこれを楽しむ者にしかず。 これは論語に書かれた言葉である。 意訳すると、学問を知っている人より、好んでいる人が結局は勝つ。 ましてや楽しんでいる人には敵わない、ということ。 これは経営でも同じ。 例えば、「売れそう」とか、「流行りそう」というだけで、市場参入しても、結局は、それを「好き」で […]

社長は「専門家」になってはいけない。

本日お届けするテーマは、 「社長は専門家になってはいけない。」 です。 君子は器ならず。 これは論語に書かれた言葉である。 意訳すると、以下の通り。 器とは道具。 人に例えるなら「専門能力」のようなもの。 つまり、君子は専門能力を持ってはいけないということ。 なぜ? 君子は専門能力を磨くことに時間を使っている暇はない。 専門家を適材適所に配置し、統率することが仕事だからである。 これは経営者でも同 […]