老子

安請合いはしない。

軽諾(けいだく)は必ず信すくなし これは「老子」に書かれた言葉である。 意味としては、軽く承諾する人は信用を落とすということ。 要するに「安請合いは信頼を落とす」ということである。 例えば、簡単に何でもかんでも引き受けた後、それができなかったとしたら、信頼を落としてしまう。 それなら最初から引き受けない方がましである。 だから、社長は信頼を得たいなら、軽々しく仕事や依頼を引き受けてはいけない。