税金

働く人のモチベーションを上げながら税金も安くできる「使用人兼務役員」の制度とは?

本日、新会社や新規事業立ち上げのため顧問税理士と打ち合わせをした。 その際、経営者としての悩みどころは、役員や従業員の「報酬の支払い制度」をどうするか?ということ。   やはり、人間だから、多少なりとも「成果」に連動する方がモチベーションにつながるのは当然のこと。 正比例するわけではないが、成果との連動制は、ある程度の相関関係はある。 しかしながら、悩みどころは「役員報酬」は定期同額給与 […]

平成30年度版『社長が知っておくべき税金の知識』〜所得税控除引き下げについて〜

平成29年12月に「平成30年度税制改正の大綱」が閣議決定された。 経営顧問業や社長専門の資産形成サポートをしているので、この税制改正は毎年楽しみに注目している。 今回、社長や経営者がもっとも注目すべきは「給与所得控除の引き下げ」であろう(高額所得会社員も要注目)。   ザックリ説明すると、高額所得者の支払う税金が上がるということ。 細かく説明すると、まず「給与所得控除」が一律10万円引 […]

年収800万円以上の給与所得控除減額。サラリーマンはますます苦しくなる。

年収800万円以上の給与所得者の増税が決まりました。 正確には給与所得控除の減額です。 給与所得控除とは、わかりやすくいえば、給与から所得を減らす額のことです。   例えば、仮に年収800万円で税率が20%なら、160万円が支払わなければならない税金になります。 ところが、これだと、サラリーマンは「経費」などを入れられないので不利です。 なので、「だいたい経費はこれぐらいかかるよね」と国 […]