税金

仮想通貨は持ってるだけで課税される?

以前から「仮想通貨」の投資は「税制面」から考えると割りに合わないとお伝えしてきました。またファイナンスの理論からもおいしくないと説明してきました。 (→仮想通貨投資がおいしくない理由についての記事) ただし、どうしても、仮想通貨投資をやりたいのであれば、せめて「法人でやった方がいい」とクライアントさんなどにお伝えてきました。 なぜ、個人ではなく法人で仮想通貨投資をしたほうがいいのか? 理由は、損を […]

会社を売るか?事業を売るか?どちらが得か?

最近、「連続起業家」という言葉をチラホラ耳にするようになりました。 連続起業家とは、簡単に言えば、起業して会社や事業を売却し、それを連続して繰り返していく起業家のことです。 昨日、若手起業家・経営者のための「孫子の兵法」勉強会を開催したのですが、流れで会社売却やM&Aの話が出てきました。   その際、出てきた相談としては「会社と事業、どちらを売ったほうがいいか?」というものでした […]

倒産防止共済の前納は注意が必要。

先日、ある経営者から「決算間際で倒産防止共済を前納しようとしたらできなくて困った」という相談を受けました。 例えば、1ヵ月20万円を12ヵ月分で240万円前納する場合などです。 実は、倒産防止共済を前納する場合は、注意が必要です。あらかじめ手続きをしないといけないのです。 それは、前納した「翌年」も前納したい場合です。 この場合に手続きが改めて必要になります。 もし何も手続きをしなかった場合は、翌 […]

働く人のモチベーションを上げながら税金も安くできる「使用人兼務役員」の制度とは?

本日、新会社や新規事業立ち上げのため顧問税理士と打ち合わせをした。 その際、経営者としての悩みどころは、役員や従業員の「報酬の支払い制度」をどうするか?ということ。   やはり、人間だから、多少なりとも「成果」に連動する方がモチベーションにつながるのは当然のこと。 正比例するわけではないが、成果との連動制は、ある程度の相関関係はある。 しかしながら、悩みどころは「役員報酬」は定期同額給与 […]

平成30年度版『社長が知っておくべき税金の知識』〜所得税控除引き下げについて〜

平成29年12月に「平成30年度税制改正の大綱」が閣議決定された。 経営顧問業や社長専門の資産形成サポートをしているので、この税制改正は毎年楽しみに注目している。 今回、社長や経営者がもっとも注目すべきは「給与所得控除の引き下げ」であろう(高額所得会社員も要注目)。   ザックリ説明すると、高額所得者の支払う税金が上がるということ。 細かく説明すると、まず「給与所得控除」が一律10万円引 […]

年収800万円以上の給与所得控除減額。サラリーマンはますます苦しくなる。

年収800万円以上の給与所得者の増税が決まりました。 正確には給与所得控除の減額です。 給与所得控除とは、わかりやすくいえば、給与から所得を減らす額のことです。   例えば、仮に年収800万円で税率が20%なら、160万円が支払わなければならない税金になります。 ところが、これだと、サラリーマンは「経費」などを入れられないので不利です。 なので、「だいたい経費はこれぐらいかかるよね」と国 […]