確定拠出年金

1/2ページ

『家主と地主』8月号に「お金の専門家」としてコラム掲載。

投資家向け専門誌『家主と地主』8月号にお金の専門家として寄稿したコラムが掲載されました(P72)。 今回は全4回の4回目=最終回、内容は確定拠出年金やiDeCoに加入した後、どのような戦略で投資すればいいか?どのような銘柄を買えばいいか?などについての解になります。 よく「iDeCoはいいよ!」とか「確定拠出年金はいいよ!」という専門家は多いですが、では、一体どのような戦略で銘柄を選択すればいいか […]

『家主と地主』2018年6月に「お金の専門家」としてコラム掲載。

全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』2018年6月に「お金の専門家」としてコラム掲載されましたので報告いたします。 資本主義社会を攻略するためには「法人」を活用することが必須です。 良くも悪くも資本主義システムは法人に有利なようにできています。 そして、「法人×確定拠出年金」を組み合わせることで最強の相乗効果を生み出すことが可能となります。 興味ある方は投資家向け雑誌『家主と地主』をご覧ください。 来 […]

『家主と地主(全国賃貸住宅新聞社)』2018年5月号に「お金の専門家」としてコラム掲載。

投資家向け雑誌『家主と地主(全国賃貸住宅新聞社)』2018年5月号に「お金の専門家」として確定拠出年金について執筆したコラムが掲載されましたのでご報告いたします。 社長の資産形成や小さな会社向け財務戦略のコンサルティングなどを現役で行っている立場から「確定拠出年金(iDeCo)の活用方法について執筆致しました。 よほどのことがない限り、確定拠出年金やiDeCoはぜひやるべきだと私は結論付けています […]

確定拠出年金(401k・iDeCo)の預け先が破綻したら引き出せる?

NO IMAGE

「節税しながら資産形成もできる」ってことで、確定拠出年金を強くオススメしています。 特に一人経営や一人起業などの小規模会社にはオススメです。 ところが、心配なのは、預け先が破綻したらどうなるか?ということ。 今回は、確定拠出年金に関わる3つの預け先ごとに「破綻リスク」について、わかりやすく解説していきます。 1. 金融機関が破綻したらどうなるか? 結論から言うと、大丈夫です。 拠出した年金資産は、 […]

民間の個人年金保険より確定拠出年金(iDeCo含む)がダンゼンお得

NO IMAGE

最近、経営者、特に「一人会社」「一人社長」など少人数会社に確定拠出年金のメリットをお伝えしています。 なぜかというと、合法的に節税しながら資産形成までできてしまう、夢のような手法だからです。 よくある節税手法「ベンツを買え!」などは、残念ながら支払う税金も減りますが、手元に残るお金も減ります。 これは生命保険を使った節税も基本的構造は同じです。 ところが、確定拠出年金は違います。 支払う税金を減ら […]

確定拠出年金節税に向いている人とは?

NO IMAGE

確定拠出年金(iDeCo含む)は、合法的節税メリットがあります。年間66万円分を非課税にすることが可能です。10年で660万円。割と大きいですよね。 とはいえ、誰にでもおススメするわけではありません。イデコ節税に向いている人と向いていない人がいます。 今日はその判断基準の指標をお伝えします。「自分はあてはまるかな?」といったチェック項目としてお使いください。あくまでも私なりの判断基準ですので、参考 […]

個人型(iDeCo)or企業型確定拠出年金、どちらがお得?

NO IMAGE

確定拠出年金には、「個人型」と「企業型」があります。 個人型は、文字通り、個人が自身で加入するものです。最近では「iDeCo」と呼ばれています。 企業型確定拠出年金は、企業が加入するものです。 ■節税メリットを考えたら「企業型」確定拠出年金 どちらに入ったらいいの?と迷うかもしれません。 結論から申し上げると、一人会社や小さな会社の経営者は「企業型」に加入した方がお得です。 この場合、黒字経営で儲 […]

一人会社や小さな会社の社長は、確定拠出年金(iDeCo含む)でどの銘柄に投資すればいい得か?

NO IMAGE

確定拠出年金に加入すると、商品を選択することができます。 商品には大きく分けて2つあります。 「元本確保型」と「積極運用型」です。 元本確保型は、その名の通り、元本が確保されている商品です。 中身は定期預金や国債などが中心になります。 積極運用型は、積極的に運用益を狙っていくタイプです。 中身は高リスク・高リターンを狙う投資信託などがあります。 いったい、どちらを選択すればいいのでしょうか? 私が […]

NISAとiDeco(確定拠出年金)どちらに入った方がお得?

NO IMAGE

私たち経営者はNISAとiDecoどちらに入った方がお得でしょうか? もしくは、どちらから先に入った方がいいでしょうか? このようなご質問をいただきました。 NISAもお得!と世間では言われているので、iDecoと比較する人は確かに多いです。 NISAとは少額投資非課税制度の略で、ザックリ説明すると、年間120万円分の投資に対する儲けが非課税になります(最長5年)。 しかしながら結論から申し上げま […]

なぜ金融機関は「一人会社」がiDecoに入ろうとすると、嫌がるのか?

iDeco(確定拠出年金)は一人会社や小さな会社の社長にとって多くのメリットがある。 復習になるが、1つ目はお金を出した時に所得税控除の節税メリットがあること、2つ目はその資金の運用益も非課税メリットがあること、3つ目は受け取り時も退職所得控除枠を使って節税になること、さらに付け加えるなら社会保険料も安くなること。 これだけメリットだらけなのだから、加入しない方がもったいないと思うのだが、なぜ、金 […]