二宮尊徳

貧者は昨日のために今日働き、富者は明日のために今日働く。

本日お届けしたい名言は、これ。 貧者は昨日のために今日働き、 富者は明日のために今日働く。 この言葉は、二宮尊徳のもの。 意訳すると、貧しい考えの者は、過去に犯した失敗やミスなどを取り返すために今日働いている。 借金を返すために働くなどもそれに近いかもしれない。 逆に、富める考えの者は、明日に富や栄光を得るために、今日働く。 今日ほんの少しの果実を得るのではなく、未来の大きな果実を得るために働く。