マネジメント

社員が活躍できないのは社長の責任。(佐藤一斎『言志四録』晩17)

「濁水もまた水なり。一たび澄めば清水と為る。 客気もまた気なり。一たび転ずれば正気と為る。 逐客(ちっかく)の工夫は、ただ是れ克己のみ。ただ是れ復礼のみ。」 これは佐藤一斎『言志四録』の言志晩録第一七条に書かれた言葉である。 意訳すると、濁った水でも、水は水。一度澄みはじめるとみんな澄むようになる。 カラ元気も気である。それがある時、正しい気になるものだ。 そして、カラ元気を正気にする方法は、小さ […]

人にはそれぞれ役割がある。(佐藤一斎『言志四録』言志録95)

人に優劣をつけると人生不幸になってしまう。なぜなら、「優」を取り続けなければならないからだ。 しかし、自然が生んだものに無駄なものが一つでもあるだろうか。自然が生んだものは皆理由があり、それぞれが役割を担っている。 だから、優劣などないのだ。 佐藤一斎『言志四録』の言志録第九十五条に「耳・目・口・鼻・四肢・百骸、各々その職を守りてもって心に聴く。これ地の天に順うなり。」とある。 訳文は「耳、目、口 […]

投資はチームでするもの。

今、この本を読んでいる。 金持ち父さんで有名なロバートキヨサキ著書『MORE IMPORTANT THAN MONEY』。 2017年5月に出版されたもので、まだ日本語版は出ていない。 そこで書いてある重要なメッセージの一つに「投資はチームでやるもの」ということがある。   以前からも度々言われていたことだが、改めて提唱されている(ロバートキヨサキはこの手の繰り返しが大好き)。 これは本 […]

社員が動かない場合はどうしたらいいでしょうか?

NO IMAGE

「社員が動かないのですがどうしたらいいでしょうか?」 コーチング&コンサルティング、及び経営顧問業をやっていると、この手の相談は実に多いです。 往往にして社長という人は働き者が多いです。 極端な話、「24時間365日、仕事のことばかり考えている」といっても過言ではありません。 それが一種のスタンダードになっていますから、社員が土日に休んだり、アフター5に仕事のことを忘れることができるのが不思議でな […]

愚者ベンチャーは「人」に「仕事」をつける。賢者ベンチャーは「仕事」に「人」をつける。

こんにちは。作野裕樹です。 今回も創業ベンチャー社長向けに、経営ノウハウをお届けしていきます。 今日は、 『愚者ベンチャーは「人」に「仕事」をつける。 賢者ベンチャーは「仕事」に「人」をつける。』 というお話をします。   毎回ですが、守秘義務の関係上、業種や業界などはわからないように、あえてかなりぼかしています。ご容赦ください。 先日、このような相談をいただきました。 「作野さん、仕事 […]