コーチング

1/2ページ

背中を押す言葉の重要性。

NO IMAGE

今日はプロのコーチングの結果が出てしまう「秘訣」の1つをお教えします。なぜ、プロのコーチングを受けると、成果が出やすいのでしょうか? 理由の一つが「応援」です。できるコーチは、決して足を引っ張る言葉を言いません。何か新しいゴールにチャレンジする時は「君ならできる」と応援してくれます。実はこの「応援の言葉」がとても大切なのです。自分だけの力に大きなレバレッジがかかります。 本当か?と思われる方は逆を […]

お金持ちになろうと考えるな。お金持ちであると知れ。

先日、あるクライアントさんから相談があった。 「●●●になりたい」というもの。この「●●●」は守秘義務があるので言えないが、わかりやすく「お金持ち」に置き換えて考えてみていただきたい。 「お金持になりたい」 残念ながら、こう願っているうちは、夢は実現することはない。   なぜか? 「お金持になりたい」ということは「お金持でない」状態を認めているからである。 さらに、「お金持になりたい」を […]

先人の知恵を活かす。

NO IMAGE

今月も10人限定のコーチング&コンサルティングを終えました。類稀なる成果の報告が多数あり、私も嬉しくなりました。ところで、他のコーチやコンサルタントの方に、なぜ成果が出やすいのでしょうか?という質問をいただいたことがあります。 おそらく、それは、私が「答え」を教えるのではなく、「セオリー」を軸にしたアドバイスなどをしているからでしょう。セオリーは、答えと違い、抽象度の高い概念です。自分で考える余地 […]

夢・ゴールがないと心筋梗塞になるリスクが79%も高くなる。

NO IMAGE

経営者として会社をよくしたい、人生を充実したものにしたいのであれば、夢、ゴールは常に持つべきです。私は常々、夢やゴールを持て!と言っています。夢やゴールがある人は、人生がとても輝いたものになり、イキイキとしてきます。では、反対に、夢やゴールがない人はどうなるのでしょうか? ここに大変興味深いデータがあります。8000人以上の働く男女について、仕事のストレスで心身が疲れ果てる「燃え尽き度」を評価しま […]

夢・ゴールの「再設定」の重要性を知っていますか?

NO IMAGE

先日、あるクライアントとのコーチングで、夢の再設定を行いました。このクライアントは素晴らしいセンスの持ち主で、自ら掲げたゴールを見事、実現しました。これだけでもすごいことなのですが、さらにすごいのは、「作野さん、新しいゴールを見つけたいのです。」と言ってきたことです。あこれは本当に素晴らしいことで、人間は夢を実現する、あるいは実現しそうになると、アクセルを緩めてしまうことがあります。 たとえば、う […]

恐怖マインドで生きないこと。

NO IMAGE

最近、とある著名人の講演がSNSで話題となっている。ある大学での卒業式で彼は講演を行ったそうです。 内容を簡単にまとめると、 1、グローバル社会の到来 2、厳しい競争社会 3、人生は甘くない といったものです。 正直申し上げると、これは「恐怖マインド」の典型です。人類は常に飢餓と戦っていました。明日の食糧がどうなるか?について悩む時代が近年まで続いたのです。確かにそのDNAがあったからこそ人類は生 […]

ゴールや夢を他人に言ってはいけない。

NO IMAGE

2015年がはじまり、「目標」を立てた人も多いでしょう。ここでの「目標」はコーチングでいう本来の「夢」にあたります。なので、話をわかりやすくするために、目標を「夢」と置き換えてください。本当は目標と夢は違うのですが、これはまた別で説明します。 それでは本題に入りますが、夢を立てた中には、「これをするぞ!」と他人に宣言したりする人もいます。が、夢を達成したければ、夢は他人に言わないことをおススメしま […]

この世は自らの「心」が生み出している。

NO IMAGE

自由な人生を実現するには、「起業」し、自らの会社を起こすことがベストな選択です。そして、独立起業し、成果を出したいなら、「心」の仕組みについても学ぶ必要があります。 突然ですが、あなたが見ている世界は、「現実」だと思いますか?確かに現実です。目の前にあるコップや机、携帯電話は触ることができるでしょう。しかし、それが「幻」だと知ったらどう思うでしょうか?自分自身の目の前に「コップがある」と思ったから […]

強みは自分ではわからない。

NO IMAGE

昨日、あるセミナー会社様と打ち合わせしておりました。講師として、何を話すか?などを決めるためです。そこで、改めてわかったことがあります。それは、「自分の強みは自分では気づかない」ということを再認識したのです。 「私の強みはこれだろうな」と思っていることがものの見事にズレていました。「セミナー参加者が聞きたいだろうこと」と「作野の強みは過去の経験などからこれだ」と判断し、まったく予想しないテーマを提 […]

無意識は否定形を理解しない。

NO IMAGE

先日、新潟駅にて興味深い張り紙を見かけました。 結論から言うと、残念ですが、これでは逆に「いたずら」は増えてしまうでしょう。これを書いた人は、おそらく、無意識のメカニズムを知らない人が書いてしまったんですね。無意識のメカニズムから考えると、「否定形」を認識しません。言葉通りのことを「そのまま」認識します。 つまり、この場合で言うと、「いたずら」をしていることをイメージしてしまうんですね。「いたずら […]