経済・金融・マネー

2/3ページ

平成30年度版『社長が知っておくべき税金の知識』〜所得税控除引き下げについて〜

平成29年12月に「平成30年度税制改正の大綱」が閣議決定された。 経営顧問業や社長専門の資産形成サポートをしているので、この税制改正は毎年楽しみに注目している。 今回、社長や経営者がもっとも注目すべきは「給与所得控除の引き下げ」であろう(高額所得会社員も要注目)。   ザックリ説明すると、高額所得者の支払う税金が上がるということ。 細かく説明すると、まず「給与所得控除」が一律10万円引 […]

素人の不動産投資は基本オススメしない。

社長の資産形成コンサルティングをしていると、かなりの高確率で話題に出るのが「不動産投資」である。 おそらくは、「働かなくても儲かる」「楽して儲かる」といった「不労所得」の魅力があるからだろう。 本業の会社経営が大変であればあるほど、それはきっと魅力的にうつるのだと思う。   しかしながら、結論から申し上げると、素人の不動産投資はオススメしない。 なぜなら、想像以上に大変で、コストもかかり […]

確定拠出年金(401k・iDeCo)の預け先が破綻したら引き出せる?

NO IMAGE

「節税しながら資産形成もできる」ってことで、確定拠出年金を強くオススメしています。 特に一人経営や一人起業などの小規模会社にはオススメです。 ところが、心配なのは、預け先が破綻したらどうなるか?ということ。 今回は、確定拠出年金に関わる3つの預け先ごとに「破綻リスク」について、わかりやすく解説していきます。 1. 金融機関が破綻したらどうなるか? 結論から言うと、大丈夫です。 拠出した年金資産は、 […]

民間の個人年金保険より確定拠出年金(iDeCo含む)がダンゼンお得

NO IMAGE

最近、経営者、特に「一人会社」「一人社長」など少人数会社に確定拠出年金のメリットをお伝えしています。 なぜかというと、合法的に節税しながら資産形成までできてしまう、夢のような手法だからです。 よくある節税手法「ベンツを買え!」などは、残念ながら支払う税金も減りますが、手元に残るお金も減ります。 これは生命保険を使った節税も基本的構造は同じです。 ところが、確定拠出年金は違います。 支払う税金を減ら […]

確定拠出年金節税に向いている人とは?

NO IMAGE

確定拠出年金(iDeCo含む)は、合法的節税メリットがあります。年間66万円分を非課税にすることが可能です。10年で660万円。割と大きいですよね。 とはいえ、誰にでもおススメするわけではありません。イデコ節税に向いている人と向いていない人がいます。 今日はその判断基準の指標をお伝えします。「自分はあてはまるかな?」といったチェック項目としてお使いください。あくまでも私なりの判断基準ですので、参考 […]

個人型(iDeCo)or企業型確定拠出年金、どちらがお得?

NO IMAGE

確定拠出年金には、「個人型」と「企業型」があります。 個人型は、文字通り、個人が自身で加入するものです。最近では「iDeCo」と呼ばれています。 企業型確定拠出年金は、企業が加入するものです。 ■節税メリットを考えたら「企業型」確定拠出年金 どちらに入ったらいいの?と迷うかもしれません。 結論から申し上げると、一人会社や小さな会社の経営者は「企業型」に加入した方がお得です。 この場合、黒字経営で儲 […]

一人会社や小さな会社の社長は、確定拠出年金(iDeCo含む)でどの銘柄に投資すればいい得か?

NO IMAGE

確定拠出年金に加入すると、商品を選択することができます。 商品には大きく分けて2つあります。 「元本確保型」と「積極運用型」です。 元本確保型は、その名の通り、元本が確保されている商品です。 中身は定期預金や国債などが中心になります。 積極運用型は、積極的に運用益を狙っていくタイプです。 中身は高リスク・高リターンを狙う投資信託などがあります。 いったい、どちらを選択すればいいのでしょうか? 私が […]

NISAとiDeco(確定拠出年金)どちらに入った方がお得?

NO IMAGE

私たち経営者はNISAとiDecoどちらに入った方がお得でしょうか? もしくは、どちらから先に入った方がいいでしょうか? このようなご質問をいただきました。 NISAもお得!と世間では言われているので、iDecoと比較する人は確かに多いです。 NISAとは少額投資非課税制度の略で、ザックリ説明すると、年間120万円分の投資に対する儲けが非課税になります(最長5年)。 しかしながら結論から申し上げま […]

iDeco(確定拠出年金・401k)でオススメの銘柄は「定期預金タイプ」

ここ数年、iDeco(確定拠出年金)を経営者には勧めている。 理由を簡単に言えば、節税しながら資産運用までできてしまうから。 こんなに恵まれた投資商品はそうそう見当たらない。   資産を増やしたいなら、他の投資とか考える前に、真っ先に取り組むべき(仮想通貨投機は論外)。 では、拠出した後、「どの銘柄を買ったらいいでしょうか?」の相談に対し、私は「定期預金タイプを選んでください」とお答えし […]

なぜ金融機関は「一人会社」や「小さな会社」がiDecoに入ろうとすると、嫌がるのか?

NO IMAGE

iDeco(確定拠出年金)は経営者にとって多大なメリットがあります。1つはお金を出した時に節税メリットがあること、2つ目はそのお金の運用益も非課税メリットがあること、3つ目は受け取り時も節税になること、さらに付け加えるなら社会保険料もやすくなります。 こんなにメリットだらけなのですから、入らない方がもったいないでしょう。しかし、なぜ、金融機関は小さな会社や一人会社に「iDeco入りましょう!」と大 […]