経済・金融・マネー

1/3ページ

何事にも「時節を待つ」ということだ。焦らず、怠らず、時の来るを待つということだ。投資成功にはとくにこのことが必要である。(本多静六語録)

今日もまた本多静六氏の『私の財産告白(実業之日本社)』の言葉からピックアップ。 (→本多静六とは?知らない方はこちらをご覧ください。)   「何事にも「時節を待つ」ということだ。焦らず、怠らず、時の来るを待つということだ。投資成功にはとくにこのことが必要である。(p44より引用)」 投資でうまくいくには「待つ」ことが非常に重要である。 昔から「待つも相場」とはよく言ったもので、実は待つこ […]

世俗的な成功の第一義は経済生活の独立である。(本多静六語録)

今日もまた本多静六氏の『私の財産告白(実業之日本社)』の言葉からピックアップ。 (→本多静六とは?知らない方はこちらをご覧ください。) 「要するに、いわゆる世俗的な成功の第一義は、まずなんとしても、経済生活の独立にある。 これなくしては何事の成功もおぼつかなく、またどんな成功も本当の成功とはみてくれない。」 要は、「まず稼げ!」「財産を築け!」ということ。 なぜ、本多静六氏がここまでして、まず財を […]

好景気は思い切った勤倹貯蓄。不景気には思い切った投資。(本多静六語録)

先日から本多静六氏を取り上げている。なぜか?というと、不景気やデフレ期に特に本多静六氏の名言が心に刺さるからだ。 米中貿易戦争の雲行きが怪しい。2018年10月の日経平均も約3,000円下げた。大きな景気変動が来ていることが読み取れる。 そのような時はマインドの転換が肝要になってくる。そこで刺さるのが本多静六氏の言葉。 今日ご紹介したいのは以下の名言。 「好景気、楽観時代は思い切った勤倹貯蓄(すな […]

投資はチームでするもの。

今、この本を読んでいる。 金持ち父さんで有名なロバートキヨサキ著書『MORE IMPORTANT THAN MONEY』。   2017年5月に出版されたもので、まだ日本語版は出ていない。 そこで書いてある重要なメッセージの一つに「投資はチームでやるもの」ということがある。   以前からも度々言われていたことだが、改めて提唱されている(ロバートキヨサキはこの手の繰り返しが大好き […]

日本でP2P金融は根付くか?中国ではP2P金融の破綻が相次ぐ。

ロイターニュースによると中国P2P金融の破綻が相次いでいるそうだ。 https://jp.reuters.com/article/china-p2p-investors-idJPKBN1L007I P2Pとはピア・ツー・ピアのことで、誤解を恐れずわかりやすく伝えるならネット上で個人間同士でお金を貸し借りするようなもの。 例えば、「公認会計士の資格を取るためのスクール費用を出して欲しい」という人がい […]

『家主と地主』8月号に「お金の専門家」としてコラム掲載。

投資家向け専門誌『家主と地主』8月号にお金の専門家として寄稿したコラムが掲載されました(P72)。 今回は全4回の4回目=最終回、内容は確定拠出年金やiDeCoに加入した後、どのような戦略で投資すればいいか?どのような銘柄を買えばいいか?などについての解になります。 よく「iDeCoはいいよ!」とか「確定拠出年金はいいよ!」という専門家は多いですが、では、一体どのような戦略で銘柄を選択すればいいか […]

『家主と地主』2018年6月に「お金の専門家」としてコラム掲載。

全国賃貸住宅新聞社『家主と地主』2018年6月に「お金の専門家」としてコラム掲載されましたので報告いたします。 資本主義社会を攻略するためには「法人」を活用することが必須です。 良くも悪くも資本主義システムは法人に有利なようにできています。 そして、「法人×確定拠出年金」を組み合わせることで最強の相乗効果を生み出すことが可能となります。 興味ある方は投資家向け雑誌『家主と地主』をご覧ください。 来 […]

『家主と地主(全国賃貸住宅新聞社)』2018年5月号に「お金の専門家」としてコラム掲載。

投資家向け雑誌『家主と地主(全国賃貸住宅新聞社)』2018年5月号に「お金の専門家」として確定拠出年金について執筆したコラムが掲載されましたのでご報告いたします。 社長の資産形成や小さな会社向け財務戦略のコンサルティングなどを現役で行っている立場から「確定拠出年金(iDeCo)の活用方法について執筆致しました。 よほどのことがない限り、確定拠出年金やiDeCoはぜひやるべきだと私は結論付けています […]

億り人になっても「お金の健康体」にはなれない。

昨日、お金持ちより「お金の健康体」を目指そうとお伝えした。 今日は、なぜ、「億り人」や宝くじに当たっても「お金の健康問題」が解決しない理由について解説したい。 まず昨日もお伝えしたが、お金の健康状態が良好なのは、「自分が望むライフスタイル」を実現させるためのストックとフローの両方が健康な状態である。 いずれか一方だけだと不自由だし、多すぎも少なすぎもお金の健康体を害する。   例えば、貯 […]

平成30年度版『社長が知っておくべき税金の知識』〜所得税控除引き下げについて〜

平成29年12月に「平成30年度税制改正の大綱」が閣議決定された。 経営顧問業や社長専門の資産形成サポートをしているので、この税制改正は毎年楽しみに注目している。 今回、社長や経営者がもっとも注目すべきは「給与所得控除の引き下げ」であろう(高額所得会社員も要注目)。   ザックリ説明すると、高額所得者の支払う税金が上がるということ。 細かく説明すると、まず「給与所得控除」が一律10万円引 […]

1 3