経営戦略

1/2ページ

お年玉バラマキは戦術的に有効か?

ZOZOの前澤社長によるお年玉1億円バラマキが話題になっている。ニュース記事によるとこのキャンペーンで500万人のフォロワーを獲得したとのこと。RT(リツイート数)は世界でみてもトップ。ニュース記事では「大成功」と賞賛している。 (参考記事:『ZOZO前沢社長、SNSで1億円バラマキ 転載世界新』 ) しかしながら反響も様々で、「良いことだ」と言う人もいれば、批判する人もいた。果たして、経営者とし […]

企業設立5期までは赤字でいい。儲けた利益は再投資して雪だるまのように膨らませていくべし。

昨日はベンチャー企業1件の経営コンサルティングを行った。 新しい期になり、前期の決算書ができたということで見せてもらった。 社長は営業利益や経常利益の赤字を気にしていた。 バランスシートの純資産の部の利益剰余金も減っている。 通常であればあまりよろしくないシグナルだ。   しかし、役員報酬を見ると、前々期より3〜4倍にアップしている。 どういうことか? 言い換えるなら、利益を会社に残さず […]

W杯最終予選、日本の意思決定は正しかったのか?勝手にMBA的戦略分析結果。

急いで作ったため雑でツッコミどころは色々とありますが、W杯予選最終戦で日本が取った打ち手をMBA的に分析してみました。 やはり、「そのまま(0-1)」の選択肢に分があったかなと思います。 ●定義(Denotes) 日本が予選2位通過の利得を100とする。 日本が予選1位通過の利得を120とする。 (理由は限界効用逓減理論により、2位の幸福度を100とした場合、1位はそれほど幸福度が上がらないと想定 […]

ビジネスチャンスに気付く人、気付かない人、そのちがいとは?『マーケット感覚を身につけよう(ちきりん著書・ダイヤモンド社)』読了。

NO IMAGE

良書を発見。 『マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法(ちきりん著書・ダイヤモンド社)』 起業や新規事業を成功させる人というのは、「何か野生の勘」ようなものを持っている。嗅覚と言ってもよいと思う。 ふつうの人が「チャンス」に見えないところにも、チャンスが見えてしまうわけだ。   例えば、今日、当塾でも紹介したのだが、こちら、なんと「 […]

『会社は「1人」で経営しなさい(山本憲明著書・明日香出版社)』感想。

NO IMAGE

『社員ゼロ! 会社は「1人」で経営しなさい (アスカビジネス)(山本憲明著書・明日香出版社)』を読みました。一言でいうととても良書でした。 私自身、場所や時間にとらわれない「自由な人生」を得るには、「一人会社」「一人ビジネス」「一人社長」が望ましいと考えている人間です。 会社経営のスタイルは大きく分けて2通りあります。1つは「従業員をたくさん抱えて大きくしていく」スタイル。もう1つは「できるだけ従 […]

社員が動かない場合はどうしたらいいでしょうか?

NO IMAGE

「社員が動かないのですがどうしたらいいでしょうか?」 コーチング&コンサルティング、及び経営顧問業をやっていると、この手の相談は実に多いです。 往往にして社長という人は働き者が多いです。 極端な話、「24時間365日、仕事のことばかり考えている」といっても過言ではありません。 それが一種のスタンダードになっていますから、社員が土日に休んだり、アフター5に仕事のことを忘れることができるのが不思議でな […]

借金して起業してはいけない。

よく「起業する際、借金したほうがいいでしょうか?」という相談を受けることがある。 結論から言うと、「借金して起業はしないほうがいい」というのがセオリーだ。 なぜ、起業の際に借金してはいけないのか? 理由は、借金は「成功がある程度見込めるもの」に対してするものだからだ。   例えば、不動産投資のためにアパートやマンションを購入するとしましよう。 これは数字のシミュレーションをすれば、ある程 […]

『30円のブラックサンダーで100億円企業になった理由(エムシー・ブー著書、トランスワールド)』読了。

NO IMAGE

ブランディング研究の一環で『30円のブラックサンダーで100億円企業になった理由(エムシー・ブー著書、トランスワールド)』を読みました。 詳しいまとめは会員限定号でお届けします。   書籍から得た「ブラックサンダー」の儲けのツボを一つだけ、「これだ!」と思うものを伝えるとしたら何でしょうか? 「ブラックサンダー」 結構知ってる人も多いと思います。 意外と、新興な駄菓子(?)で、登場は19 […]

『うまい棒は、なぜうまいのか?(チームうまい棒著書・日本実業出版社)』読了。

NO IMAGE

ブランディング研究の一環として、『うまい棒は、なぜうまいのか?(チームうまい棒著書・日本実業出版社)』を読みました。 うまい棒は「知らない人はいない」というぐらいの国民的駄菓子ですね。 1978年に登場して以来のロングセラー商品。 35年以上、ずっと1本10円で、1日200万本売れているそうです。 なぜ、10円なのか? なぜ、穴が空いているのか? なぜ、アルミ包装なのか? など。 本書ではうまい棒 […]

事業を起こすというのは社会に喧嘩を売っていくようなものだ。『ビジネス・フォー・パンクス(ジェームズ・ワット著書・日経BP)』感想。

読了。『ビジネス・フォー・パンクス(ジェームズ・ワット著書・日経BP)』。 一言で感想をまとめるなら、ベンチャースピリットを奮い立たせてくる良書であるということ。私は常々言っているのですが、起業する、会社を起こすってことは、社会に喧嘩を売っていくようなものである。 なぜか?既存の問題などに問題提起し、それを解決していく革命だから。なぜなら、既存の問題にぶつからない商品やサービスであれば、必要ないこ […]