会計・ファイナンス

3/3ページ

個人型(iDeCo)or企業型確定拠出年金、どちらがお得?

NO IMAGE

確定拠出年金には、「個人型」と「企業型」があります。 個人型は、文字通り、個人が自身で加入するものです。最近では「iDeCo」と呼ばれています。 企業型確定拠出年金は、企業が加入するものです。 ■節税メリットを考えたら「企業型」確定拠出年金 どちらに入ったらいいの?と迷うかもしれません。 結論から申し上げると、一人会社や小さな会社の経営者は「企業型」に加入した方がお得です。 この場合、黒字経営で儲 […]

一人会社や小さな会社の社長は、確定拠出年金(iDeCo含む)でどの銘柄に投資すればいい得か?

NO IMAGE

確定拠出年金に加入すると、商品を選択することができます。 商品には大きく分けて2つあります。 「元本確保型」と「積極運用型」です。 元本確保型は、その名の通り、元本が確保されている商品です。 中身は定期預金や国債などが中心になります。 積極運用型は、積極的に運用益を狙っていくタイプです。 中身は高リスク・高リターンを狙う投資信託などがあります。 いったい、どちらを選択すればいいのでしょうか? 私が […]

NISAとiDeco(確定拠出年金)どちらに入った方がお得?

NO IMAGE

私たち経営者はNISAとiDecoどちらに入った方がお得でしょうか? もしくは、どちらから先に入った方がいいでしょうか? このようなご質問をいただきました。 NISAもお得!と世間では言われているので、iDecoと比較する人は確かに多いです。 NISAとは少額投資非課税制度の略で、ザックリ説明すると、年間120万円分の投資に対する儲けが非課税になります(最長5年)。 しかしながら結論から申し上げま […]

なぜ金融機関は「一人会社」や「小さな会社」がiDecoに入ろうとすると、嫌がるのか?

NO IMAGE

iDeco(確定拠出年金)は経営者にとって多大なメリットがあります。1つはお金を出した時に節税メリットがあること、2つ目はそのお金の運用益も非課税メリットがあること、3つ目は受け取り時も節税になること、さらに付け加えるなら社会保険料もやすくなります。 こんなにメリットだらけなのですから、入らない方がもったいないでしょう。しかし、なぜ、金融機関は小さな会社や一人会社に「iDeco入りましょう!」と大 […]

金持ち父さんの「不労所得」は誤訳である。

NO IMAGE

「不労所得」って誤訳じゃないか? 今、金持ち父さんで有名なロバートキヨサキシリーズの本の原著(英語)を調べている。 金持ち父さんシリーズで有名なフレーズに「不労所得」がある。 要は、「働かなくても入ってくる収入」「寝てても入ってくる収入」「何もしなくても入ってくる収入」というニュアンスだ。 これを読んで、不動産オーナーや、MLMに走った人も多いはず。 しかし、原著を読んでみて、不思議に思ったのは「 […]

人生はバランスシート(貸借対照表)である

NO IMAGE

最近簿記3級に合格して気づいたこと。 「貸借対照表(B/S)って人生そのものじゃないか?」ということです。 たとえば、「失敗」とか「恥」とかって、一見、「負債」に見えますよね? でも、バランスシートの観点から言うと、負債が増えるということは「資産」も同時に増えるということなのです。 つまり、「失敗」とか「恥」って、後々から考えると、実は大きな学びや転換点になってることが多々あります。   […]

1 3