日本でP2P金融は根付くか?中国ではP2P金融の破綻が相次ぐ。

日本でP2P金融は根付くか?中国ではP2P金融の破綻が相次ぐ。

ロイターニュースによると中国P2P金融の破綻が相次いでいるそうだ。

https://jp.reuters.com/article/china-p2p-investors-idJPKBN1L007I

P2Pとはピア・ツー・ピアのことで、誤解を恐れずわかりやすく伝えるならネット上で個人間同士でお金を貸し借りするようなもの。

例えば、「公認会計士の資格を取るためのスクール費用を出して欲しい」という人がいたとする。

その人の属性や今までの返済履歴を元にスコア(戦闘力みたいなもの)が掲載されており、それを参考にお金を貸す。

スコアによって金利も変わってくる。

貸す方のメリットとしては、銀行金利などより高い利回りを得られる可能性があること(ただし、その分リスクもありますが)。

借りる方のメリットとしては、他の金融機関よりスピーディーにお金を借りられることなど。

私自身、P2P金融には非常に可能性を感じているものの、日本は海外に比べて普及していない。

こういう破綻などのネガティブ情報があると、日本での普及の実現はまた遠くなりそうだ。

 

(Visited 15 times, 1 visits today)