借金して起業してはいけない。

借金して起業してはいけない。

よく「起業する際、借金したほうがいいでしょうか?」という相談を受けることがある。

結論から言うと、「借金して起業はしないほうがいい」というのがセオリーだ。

なぜ、起業の際に借金してはいけないのか?

理由は、借金は「成功がある程度見込めるもの」に対してするものだからだ。

 

例えば、不動産投資のためにアパートやマンションを購入するとしましよう。

これは数字のシミュレーションをすれば、ある程度、利回りの予測がつく。

借金は本来こういう投資のためにやるものだ。

 

そして、水を差すようで恐縮だが、残念ながら起業した時の事業プランやアイデアの99%は失敗する。

「これは成功するに違いない!」と思っている時ほど無情にも失敗する。

起業とはそういうものなのだ。失敗するのが目に見えているのだから、借金(レバレッジをかけること)はしていはいけない。

できるだけお金をかけずに小さな失敗を速く、たくさんする。これが起業成功のセオリーである。

 

では、起業の際、お金はどうすればいいのか?

正解は2つ。

1つ目は「自己資金」でやる

2つ目は「失敗しても返さなくていいお金」でやること

自己資金でやるのは当たり前として、他人のお金でやる場合は失敗しても返さなくていいお金でやるべきだ。

 

つまり、融資(借金)ではなく「投資」をしてもらうのである。

そうすれば、もし、失敗しても返さなくていいし、成功した時はたんまりとお返しすることになるから、リスクに見合う。

そして、起業して、ある程度、ノウハウを蓄積したり、組織などが整ったら、「次の成功」にレバレッジをかけるために「借金」をするとうまくいくのである。

例えば、店舗経営であれば、二店舗目、三店舗目など。

 

借金するタイミングはくれぐれも間違えてはいけない。借金した場合は必ず返さなければない。もし、返せないなら自己破産するしかない。ここ日本では破産した人には厳しく、ネクストチャレンジがしづらくなる。

もちろん、例外もあって、借金しても起業に成功する人も稀にいます。が、そもそもそういう人はメンタリティが強く、「借金して失敗してお金が返せなくなっても死にはしない」ぐらいの気持ちで借金している。

借金しても少しも気負いがないという図太い人は借金してもよいかもしれない。

 

だが、一般的には借金してギャンブル(起業も)をすると、正常な思考はできなくなることを肝に銘じておいたほうがよい。適切なタイミングで適切な決断や行動ができなくなってしまうから注意が必要だ。

(Visited 19 times, 1 visits today)