儲けるための「ハイヒールと象の法則」

儲けるための「ハイヒールと象の法則」

「ビジネスを起こして成功したい」

そう思っている人に、常々、口を酸っぱくして伝えていること。それは、「一点集中」という概念である。一点集中しなければ、ビジネスの成功はありえないと断言できる。

たとえば、関連性のない商品をいくつも扱っていたり、営業エリアが複数あったり、相手にするお客さんの層がバラバラだったり。名刺によくいろいろなことを書いてある人がいるが、例外を除いて、そのほとんどんが儲かっていない。

なぜ、いろいろなことに手を出すと儲からないのか?

これは物理学の「圧力の公式」から導き出すことができる。例として、ハイヒールで踏まれるのと、象に踏まれるのとではどちらが痛いか?というのを理科の授業で習ったと思う。

一見、象の方が重いから象に踏まれた方が痛いと考えるが、実際は、ハイヒールで踏まれた方がはるかに痛い。電車の中でハイヒールで踏まれただけで骨折してしまう人もいるぐらい威力がある(『女性にヒールで踏まれ足を骨折したいきものがかり山下穂尊や千原ジュニア』より)。

実際に計算してみましょう。圧力の公式は以下の通り。

象の片足の面積は約1000平方センチメートル( 0.1平方メートル)。体重は3000kgで、力で表すと約30000ニュートン。それで、足の4分の1ぐらで踏まれるとしたら、約7500ニュートンが力の大きさとなる。

では、圧力を計算してみよう。

《象のケース》

7500(ニュートン)÷0.1(平方メートル)=75000

女性のハイヒールの場合はどうか?

ハイヒールのかかとの面積が、縦1cmと横1cmだとすると、1平方センチメートル=0.0001平方メートル。体重が40kgであれば、力は約400ニュートン。このほとんどがかかとに集中するとして計算してみよう。

《女性のハイヒールのケース》

400(ニュートン)÷0.0001=4000000

象で踏まれた圧力が75000(パスカル)に対し、なんと、ハイヒールで踏まれた圧力は4000000(パスカル)になる。

この圧力の計算は、ビジネスでもまったく同様に応用できる。例をあげれば、起業家が持っている資源には、大きく分けて「お金」と「時間」がある。この限られたお金と時間を「力の大きさ」としよう。そして、「面積」とは、「営業エリア」で表したり、「客層」で表したり、「商品層」であらわしてみたい。

公式通りでいえば、力の大きさを一定とした場合、面積は小さければ小さいほど、圧力=パワーは増大する。「お金」と「時間」という「力の大きさ」が小さい起業家ほど、分散してる場合ではない。面積を集中させなければ圧力=パワーはどんどん小さくなってしまうのだ。

ただし、起業してある程度成功を収めたら、「リスク分散」の必要性も出てくる。その場合は、分散も考えねばならない。だが、起業時に持てる資源が限られてる状態であれば、分散しては圧力=パワーは小さくなり、成功軌道を描くことはできなくなる。

ただでさえ脆い立場、風が吹けば飛んでしまうような状態なのだから、あれもこれもやってる暇はない。「面積」を小さくし、持てる「力」を最大限に生かし、限界突破をしなければならないだろう。

(Visited 98 times, 1 visits today)