一瞬一瞬を大切に。チャンスは「その時」しかない。

一瞬一瞬を大切に。チャンスは「その時」しかない。

経営しているなら「お金」を得るチャンスやビジネスチャンスには「次がない」と思う事が大切だったりします。

兼好法師の『徒然草』の第九十二段に面白い説があります。

「ある人、弓射ることをならふに、もろ矢をたばさみて的にむかふ。師のいはく、「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。後の矢を頼みて、はじめの矢になほざりの心あり。毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思え」といふ。わづかに二つの矢、師の前にて、一つをおろかにせむと思はむや。懈怠(けだい)の心、みずから知らずといへども、師これを知る。このいましめ、万事にわたるべし。」

と。

簡単に説明すると、ある弓の初心者が練習のために二本の矢を持っていこうとするのです。しかし、師匠が「コラコラ。初心者は二本の矢を持っちゃいかんよ。」と言います。

「え?なんで?自分、初心者なのになぜ?失敗するから余分に持っていきたいのに。」と初心者ながらに思うわけです。

が、師匠は続けてこう言います。

「次があると思ってやるな。それじゃいつまで経っても上達しないよ。目の前の一本しかない。次はない。すべてが本番だと思って取り組みなさい。」と。

これは会社経営やビジネスチャンスでも同じことが言えます。目の前のチャンスには次はない。予備はないと思うのです。「今日できることを明日に先延ばしするな」という意味でもあります。

たとえば、事業をするための資金は使ったら最後。もう次はない。ここに全てを懸けるぐらいの気持ちで事業をするのです。「また借金すればいいや」とか「サラリーマンに戻ればいいや」と思うと、いつまで経っても本気になりません。事業で失敗する人はどこか甘くみてる人が多いのです。稼いでいる時に「ずっと続くものだ」と油断してしまったりもします。「失敗しても次があるからいいや」とか「誰かが責任を取ってくれるからいいや」など。

 

当然、会社経営や投資で失敗なしには成功はあり得ません。弓矢は必ずしも毎回真ん中に当たるわけではないのと同じです。が、かといって、「次の矢があるからいいや」と思うと本気にならないし、上達しません。

「次はない」

と思う事こそ、たとえ、失敗したとしても成長につながるのです。これこそ上達のコツになります。

(Visited 4 times, 1 visits today)