下請けに発注後の減額はNGです。

下請けに発注後の減額はNGです。

近年、人材不足問題もあり、下請けなどに外注するケースが多くなってきました。

そこで、気をつけなければならないのが「下請法」です。

下請法とは立場の不利になる下請けを守るためにできた法律。

これに違反すると依頼側は罰せられるので注意が必要になります。

また、自社が下請け側にある場合は、この下請法は知っておくと何かと有利です。

 

そして、最も多い問題は「下請け」に発注後に「減額」を迫るケース。

これは下請け法によって禁じられているのでご法度です。

例えば、ウェブ制作を50万円で依頼したとします。

後に、下請け側に責任がないにも関わらず、途中で「次回も依頼するからさ、今回は30万円に値引きしてよ」などと迫ったとしたら・・・。

これは下請法で禁じられていますからNGです。

参考文献

会社を守る! 社長だったら知っておくべきビジネス法務(弁護士初澤寛成・大久保映貴著書/翔泳社 )』

 

(Visited 74 times, 1 visits today)