なぜ金融機関は「一人会社」や「小さな会社」がiDecoに入ろうとすると、嫌がるのか?

NO IMAGE

iDeco(確定拠出年金)は経営者にとって多大なメリットがあります。1つはお金を出した時に節税メリットがあること、2つ目はそのお金の運用益も非課税メリットがあること、3つ目は受け取り時も節税になること、さらに付け加えるなら社会保険料もやすくなります。
こんなにメリットだらけなのですから、入らない方がもったいないでしょう。しかし、なぜ、金融機関は小さな会社や一人会社に「iDeco入りましょう!」と大々的に宣伝したり、営業しないのでしょうか?
答えは「彼ら(金融機関)が儲からないし、面倒だから」です。iDecoは入る私たち(経営者)にはメリットがあるのですが、金融機関側はほとんどメリットがありません・・・。儲からないのです。
例えば、一人会社の場合、iDeco口座をたった1つ作って、投資としたとしても、金融機関が受け取れる手数料は微々たるものなのです。せっかく苦労して、口座開設したり、iDecoの手続きをしたりしても、金融機関はほとんど旨みがありません。だから、彼らは小さな会社や一人会社にはiDecoを積極的に勧めません。
反対に「どうでもいい投資信託」とかは手数料が高いため、積極的に勧めてきますけどね(笑)。お金をきちんと残したいなら、金融機関の思惑に乗せられないことが重要です。
ところが、例えば、もし、従業員1000人の会社だったらどうでしょうか?一度に多数の口座が作れたり、iDecoで投資したりすればその度に手数料がたくさん入ってきますから儲かります。
なので、彼ら(金融機関)は、大企業はiDeco問い合わせウェルカムです。内心「一人会社や小さな会社は面倒」と思っていつつもです。
でも、私たち経営者にとっては、iDecoは多大なメリットがありますから、使わない手はありません。私が調べたところ、金融機関の中でもSBIだけは一人会社や小さな会社もウェルカムです。彼らも金融機関の中ではベンチャーの立場ですから、その辺りのマーケットも積極的に取りに行こうという姿勢なのでしょう。ありがたいですね。ただ、やはり圧倒的に担当する人手が足りていないという話は聞いています(笑)。
追伸:もしもiDeco(確定拠出年金)に入りたい、興味がある社長さんはご一報いただければ、私の信頼おける担当者を紹介します。「一人会社」「一人社長」は特に金融機関に相手にされにくいので、担当者経由が望ましいです。
※補足:今回わかりやすく「iDecoイデコ」で説明していますが、正しくはイデコは「個人型」確定拠出年金のことを指します。ですが、今回、私が経営者にオススメするのは「企業型」確定拠出年金になります。説明上、わかりづらいのですが・・・(政府があいまいすぎ)

(Visited 21 times, 1 visits today)