個人型(iDeCo)or企業型確定拠出年金、どちらがお得?

NO IMAGE

確定拠出年金には、「個人型」と「企業型」があります。

個人型は、文字通り、個人が自身で加入するものです。最近では「iDeCo」と呼ばれています。

企業型確定拠出年金は、企業が加入するものです。

■節税メリットを考えたら「企業型」確定拠出年金

どちらに入ったらいいの?と迷うかもしれません。

結論から申し上げると、一人会社や小さな会社の経営者は「企業型」に加入した方がお得です。

この場合、黒字経営で儲かっていることが前提です。黒字でない場合はまずは本業に専念した方が得策なのは言うまでもありません。

さて、なぜ「個人型」より「企業型」確定拠出年金をお勧めするのでしょうか?

理由は、最大で拠出できる額が「個人型」より「企業型」の方が大きいからです。

つまり、必然「経費」にできる節税メリットが大きくなるということです。

たとえば、個人型(iDeco)の場合で、法人経営者の場合(1人社長も含む)は、最大で月23,000円まで拠出できます。この場合、年間で276,000円です。

ところが、企業型の場合は、1人最大で月55,000円まで拠出できます。この場合、なんと年間で660,000円です。

確定拠出年金は全額「損金」、つまり経費にできます。これらは非課税です。

ですから、節税メリットを大きくし、なおかつ、将来もらえる年金額を増やしたいのであれば、ズバリ、「企業型」をお勧めします。

■「企業型」確定拠出年金のデメリット

ただし、「企業型」にもデメリットが2つほどあります。

・デメリット1. 従業員の加入問題
1つ目は、原則的には企業に属する従業員のすべてが確定拠出年金に加入しなくてはいけないということです。

企業型の場合は、会社が掛け金を負担することになりますので、従業員が多ければ多いほど負担額は大きくなってしまう可能性があります。

しかし、あくまでも原則であって、絶対ではありません。

規約で要件を定めた場合は、規約に基づきますので、規約次第とも言えます。

たとえば、従業員が確定拠出年金に加入するかどうかは本人の選択を任せるなどです。

その際、制度に入らない場合は、掛金に相当する金額を給与に加算して毎月現金でもらえるようにします。これを「前払い」の選択などといいます。

こうすれば、企業が支払うお金は「給与」か「掛け金」かの違いなだけで、基本的には支出額は変わらないわけです。

また、これは経験則ですが、従業員のほとんどは確定拠出年金に入りたがりません。例え、将来もらえるお金が多くなるとしても、従業員にとって大事なのは「目の前の現金」だからです。本音では、給料の手取りが減るぐらいなら、確定拠出年金は入りたくないのです。

なので、実際のところは、社長が「入った方が得だよ」と言ったとしても、従業員のほとんどは入らないというのが現状です。

弊社が企業型確定拠出年金加入のお手伝いした数社も同様の結果でした。

・デメリット2. 手数料の問題
2つ目のデメリットは「手数料」です。

企業型確定拠出年金にはいくらかの手数料がかかります。

例えば、私が加入しているSBI証券は、固定コストとして以下の手数料がかかってきます。

ちなみにSBI証券は業界最安値クラスです。

運営管理手数料
資産管理手数料
収納代行手数料
など。

こちらに簡単シミュレーションがありましたので、試しにやってみました(添付画像参照)。

http://ad401k.sbisec.co.jp/kigyo/charge/index.html

例えば、月額MAXの55,000円で一人社長でテストしてみます。

この場合、運営管理手数料が年間63,600円と資産管理手数料358円、その他、収納代行手数料年額3,600円がかかってきます。約70,000円ぐらいですね。

仮に年間MAX660,000円を拠出したとして、税率30%とすると、年間198,000円の節税メリットがありますので、約70,000円の手数料が差し引かれても十分にメリットがあるとは思います。

しかしながら、これら手数料をデメリットを感じる場合は、投資銘柄を多少リスクあるものにして運用利回りをよくしてカバーするなどする必要があります。

まとめ:企業型確定拠出年金がお得
以上、節税メリットを考えると、個人型確定拠出年金(iDeCo)よりダンゼン「企業型確定拠出年金」がお得です。

※税率の計算は年度や個別状況によっても変わりますので、詳細は優秀な税理士にお尋ねすることを決して忘れないでください。

追伸:他、ご質問があれば遠慮なくどうぞ!もしくはiDeco(確定拠出年金)に入りたい、興味がある社長さんはご一報いただければ、私の信頼おける担当者を紹介します。「一人会社」「一人社長」は特に金融機関に相手にされにくいので、担当者経由が望ましいです。

(Visited 8 times, 1 visits today)