『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』感想。

『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』感想。

清武英利著書『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層(講談社)』を読んだ。シンガポールと日本を舞台に、プライベートバンカーや富裕層が躍動するストーリー。フィクションかと思いきや実名ありのノンフィクション。日本からシンガポールへ移住した富裕層の裏事情、金融業界のタブー、成功者の真実など、暴露しまくりの話である。よくもまあここまで書けたなと・・・。

私は経営者向けに資産形成のアドバイスなどのお仕事もしているが、最も大変なのは「リアリティ」を表現すること。そのリアリティを実感していただくためには小説は有用だ。本書は富裕層の「臨場感」を強烈に味わうことができる。富裕層だどのようにお金を守っているのか?のリアリティはなかなかイメージできないのでこういった小説や映画などはありがたい。

また、私自身、大変興味深かったのは、「税金を逃れてきた日本人で幸せになったという話は、あまり聞かないことだ。(P136より引用)」の箇所。かなり的を射た文に思う。自由を得るためにお金を手にしたのに、結局、お金に翻弄されてしまうのはなんとも皮肉な話である。