なぜ金融機関は「一人会社」がiDecoに入ろうとすると、嫌がるのか?

なぜ金融機関は「一人会社」がiDecoに入ろうとすると、嫌がるのか?

iDeco(確定拠出年金)は一人会社や小さな会社の社長にとって多くのメリットがある。

復習になるが、1つ目はお金を出した時に所得税控除の節税メリットがあること、2つ目はその資金の運用益も非課税メリットがあること、3つ目は受け取り時も退職所得控除枠を使って節税になること、さらに付け加えるなら社会保険料も安くなること。

これだけメリットだらけなのだから、加入しない方がもったいないと思うのだが、なぜ、金融機関は小さな会社や一人会社に「iDeco加入しましょう!」と大々的に宣伝したり、営業しないのか?

答えは「彼ら(金融機関)が儲からないし、面倒だから」である。iDecoは加入する私たち(経営者)には恩恵があるのだが、金融機関側はほとんどメリットがない・・・。儲からないのだ。

例をあげれば、一人会社の場合、iDeco口座をたった1つ作って、投資としたとしても、金融機関が受け取れる手数料は些細なもの。せっかく苦労して、口座開設したり、iDecoの手続きをしたりしても、金融機関はあまりうまみがない。なので、彼らは小規模企業や一人会社にはiDecoを積極的にオススメしてこない。

逆に「どうでもいい投資信託」とかは手数料が高いため、積極的に勧めてくるのだが・・・。資産をきちんと残したいなら、金融機関の思惑に乗せられないことが肝要である。

ところが、もし、従業員1000人の企業だったらどうだろうか?一度に多数の口座が作れたり、iDecoで投資したりすればその度に手数料がたくさん入ってくるから儲かるわけだ。

だから、彼ら(金融機関)は、大企業はiDeco申し込みウェルカム。内心「一人会社や小さな会社は煩わしい」と思っていつつもである。

私たち経営者にとっては、iDecoは大きな恩恵があるのだから、使わない手はない。私が調べたところ、金融機関の中でもSBIは一人会社や小規模企業もウェルカムの姿勢だ。彼らも金融機関の中ではベンチャーの立場ですから、その辺りのマーケットも積極的に取りに行こうという姿勢なのだろう。ありがたい。ただ、やはり圧倒的に担当する人手が足りていないという話は聞いている。申し込みから稼働までは数ヶ月の時間がかかるので、早めに取り組むにこしたことはない。

(Visited 41 times, 1 visits today)