平成30年度版『社長が知っておくべき税金の知識』〜所得税控除引き下げについて〜

平成30年度版『社長が知っておくべき税金の知識』〜所得税控除引き下げについて〜

平成29年12月に「平成30年度税制改正の大綱」が閣議決定された。

経営顧問業や社長専門の資産形成サポートをしているので、この税制改正は毎年楽しみに注目している。

今回、社長や経営者がもっとも注目すべきは「給与所得控除の引き下げ」であろう(高額所得会社員も要注目)。

 

ザックリ説明すると、高額所得者の支払う税金が上がるということ。

細かく説明すると、まず「給与所得控除」が一律10万円引き下げられる。

それと、上限額が適用される給与等の収入金額の上限が年収1,000万円(所得控除220万円)から年収850万円(所得控除195万円)に引き下げられる。

■給与所得控除ってなんなの?

所得から「マイナス」して、結果として、支払う税金引いてくれるボーナスみたいな役割である。

この「マイナス」が大きければ大きいほど、課税所得が少なくなるので、支払う税金が少なくなるというわけだ。

【例1】

年収1,000円の人・・・給与所得控除220万円(平成29年度まで)

なので、課税所得は1,000−220万円=780万円に課税される。

ところが!

平成30年度の税制改正で、給与所得控除は最大195万円に引き下げられる。

さらに!

それが適用される最大年収が850万円に下がる・・・。

 

つまり、年収850万円以上の人は大幅な増税である。

しかし、一体どれだけ痛みがあるのか??

よくわからない!という人のために、面白いデータを見つけた。

 

これは便利でわかりやすい。

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/fv20180309/

「年数」ボタンをポチッとクリックしてみてほしい。

 

年収2,500万円超の所得税負担率の増加は言わずもがな・・・

だいたい年収1,000万円以上の人は年を重ねるごとに負担が増えている。

 

■納税額の約半分は年収1,000万円超の人が払っている

ちなみに、年収1,000万円以上の高額所得者が所得税全体の約半分を締めているという驚愕なデータもある。

「16年に源泉徴収で所得税を納めた給与所得者は4112万人。納税額は9兆418億円だ。このうち49.9%にあたる4兆5167億円分を、給与所得者全体の4.2%に過ぎない「1000万円超」の人たちが負担している。」

(参照: https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/fv20180309/ )

■なんで個人を狙い撃ちするの?法人税を上げないの?

なんでこんなことをするのか?

法人税上げろよ!と会社員の方は思われるかもしれない。

 

しかし、法人税は世界的に「安さ」競争が繰り広げられている。

法人税を下げていかないと、企業は税制の低いところに移ってしまうわけだ。

またはタックス戦略で税制の低いところで納税する。

Amazonやアップルなどが近年低い税率で話題になっているが、まさにこれ。

 

だから、簡単には法人税を上げることはできない。

むしろ、下げる方向に行かなければ、日本全体の法人税は逆に減ってしまう。

 

では、どこで取るか?というと、「文句の言わない会社員」から取れるだけ取ろうとなるわけだ。

またはこうも考えられる。

企業と社長個人でどちらに税をかけた方がいいか?

企業に税をかければ、企業は外国に逃避するインセンティブが働く。

では、個人所得税を高くしたら社長はどうするか?

考えられるのは、個人年収より企業の利益を残すインセンティブが働きやすくなる。

そして、企業に利益を残すと、そこに当然法人税もかかってしまうので、企業はお金を「使う」という選択肢を取りやすくなる。

企業がお金を使えば、経済が良くなる、と政府は考えているのかもしれない。

■解決策は?

高額所得の会社員の方はズバリ「自分の会社を作ること」だろう。

これが最高にして唯一の方法だ(海外に逃げるとかを除いて)。

会社経営者になってしまえば、法人所得と個人所得のバランス調整がある程度、可能となる。

法人にお金を残しておけば法人税引き下げ競争の恩恵を享受できる。

 

では、会社経営者はどうすればいいだろうか?

先ほども少し触れたが、法人より個人の所得税が高くなっていく昨今、個人年収を高く取ることはあまり得策ではない。

つまり、法人にお金を残りやすくした方が得策のようだ。

ここらで、来年度の役員報酬をどうするか?は改めて考えておいたほうがいいかもしれない。

※税金のことは必ず税理士に相談することを忘れないでいただきたい。税は個別状況や時制によっても微妙に変わってきます。必ずご自身の責任の元、判断するようにしてください。

(Visited 24 times, 1 visits today)