去る者は追わず、来る者はむしろ「追う」ように接する。

去る者は追わず、来る者はむしろ「追う」ように接する。

本日のテーマは、

「去る者は追わず、来る者はむしろ『追う』ように接する。」

です。

往く者は諫む(いさむ)べからず、来る者はなお追うべし。

これは論語に書かれた言葉である。

意訳すると、以下の通り。

去っていく者は追うべきではない。

来る者はむしろ追うように扱おう、という意味。

会社経営でも同じ。

去る社員やお客さんなどは追わない。

そして、会社に来たいと思っている人には、むしろ、こちらから追うかのように、温かく、大事に接していこう。

(Visited 4 times, 1 visits today)