倒産を恐れない。(佐藤一斎『言志四録』録132)

倒産を恐れない。(佐藤一斎『言志四録』録132)

「聖人は死に安んじ、賢人は死を分とし、常人は死を畏る。」

これは佐藤一斎『言志四録』の言志録第一三二条に書かれた言葉である。

意訳すると、聖人は死は安らぎと捉え、賢人は死は自然の摂理であると理解していて、一般人は死というものを畏れながら生きているということ。

要するに、死なんて誰にでも訪れるものなのだから畏れても仕方ないよと佐藤一斎は言っている。

これを会社に当てはめてみると、会社の死とは倒産を表す。つまり、「倒産を畏れて会社経営をするな」ということ。

なぜ、倒産を畏れてはいけないのか?

理由は倒産を畏れていると、大事なとこで経営判断を誤ってしまうからだ。

例えば、泣けなしのお金を使って独立開業したとする。すると、どうしても愛着が湧いてしまい、本当はお客さんや従業員に必要とされていないにも関わらず、ダラダラと事業を続けてしまう過ちを犯してしまう。本当は倒産廃業した方がよいのかもしれないのに。

また、世間体を気にしてしまい、倒産や破産をすると「かっこ悪い」と思い、赤字を垂れ流しているにも関わらず事業継続してしまう経営者もいる。

挙げ句の果て、事業を継続させるために消費者金融などにお金を借り、高い金利の支払いのために首が回らなくなってしまう。こうなるとただお金を返すためだけに事業をやるだけの状態になる。

そうではなく、「一生懸命やってダメだったら倒産でも破産でも仕方ない」ぐらいの楽観的な心理の方が、変な縛りがない分、適切な経営判断がしやすくなるものだ。

これは何も倒産だけでなく、「事業撤退」でも同様のことがいえる。世間や時代が必要としていない商品を売り続けても仕方のないものだ。そうではなく、潔く死を認めて撤退することも経営では大事になってくる。要するに死を畏れてはいけない。不生不滅。生も死も自然の摂理なのだから。

(Visited 324 times, 1 visits today)