素人の不動産投資は基本オススメしない。

素人の不動産投資は基本オススメしない。

社長の資産形成コンサルティングをしていると、かなりの高確率で話題に出るのが「不動産投資」である。

おそらくは、「働かなくても儲かる」「楽して儲かる」といった「不労所得」の魅力があるからだろう。

本業の会社経営が大変であればあるほど、それはきっと魅力的にうつるのだと思う。

 

しかしながら、結論から申し上げると、素人の不動産投資はオススメしない。

なぜなら、想像以上に大変で、コストもかかり、かつ、競争に勝ちにくいからである。

不動産で勝つのはカンタンではない。

 

なぜか、不思議なのですが、不動産投資をやろうとする素人さんは「競合」の存在を忘れている。

不動産ビジネスは、はるか昔から存在する歴史の長いビジネスだ。

だから、当然ながら敵がたくさんいる。

 

しかも、経験値の多い、頭の良い敵がウジャウジャいる。

さらに、強い不動産投資家はすでに、既存の不動産関係者と深い「信頼関係」を築いているわけだ。

おいそれと新参者が入る隙間はない。

 

ですから、不動産投資で楽に勝とうと思うのはやめた方がいい。

それでも、どうしても勝ちたいのであれば、それ相応の努力を覚悟することだ。

 

10年越しに勉強していく、物件も一棟だけじゃなく、二棟、三棟、四棟と買い進めて「本業」としてやっていくぐらいの覚悟を持って取り組むこと。

でないと、賢い不動産投資家たちに簡単にやられてしまう。

 

社長さんは「本業で稼ぐ」が基本。

本業以外はリスクは極端に避け、増やすのではなく、「減らさない」「負けない」といった孫子の兵法でいう「不敗の体勢」をしくのがセオリーである。

元々地主であるか、すでに不動産事業に携わっているとか、相当な知識を有しているか、有力なコネクションがあるとかでない限り、安易に参入しないのが得策だ。

(Visited 33 times, 1 visits today)