人にはそれぞれ役割がある。(佐藤一斎『言志四録』言志録95)

人にはそれぞれ役割がある。(佐藤一斎『言志四録』言志録95)

人に優劣をつけると人生不幸になってしまう。なぜなら、「優」を取り続けなければならないからだ。

しかし、自然が生んだものに無駄なものが一つでもあるだろうか。自然が生んだものは皆理由があり、それぞれが役割を担っている。

だから、優劣などないのだ。

佐藤一斎『言志四録』の言志録第九十五条に「耳・目・口・鼻・四肢・百骸、各々その職を守りてもって心に聴く。これ地の天に順うなり。」とある。

訳文は「耳、目、口、鼻、手足、その他身体の各部分は、各々がその職務を守って心の支配を受けている。これは地が天に従うのと同じ道理である。」と。

要するに、身体の各部分はそれぞれの役目があり、それぞれがその役目を果たことで、天地の原理からうまくいくということ。

これは経営でも同じ。経営者はとかく優秀な人材を取ろうと考えたがる。また優劣をつけたがる節がある。時に「なぜうちの社員はできないのだ」と口をこぼす。

しかし、これは天地の原理からいえばおかしなこと。それぞれに役割があるはずなのだから。優劣を勝手に判断した経営者がおかしい。

スポーツで例えてみよう。得点を取ることだけが優秀なのだろうか?守ることやパスワークが上手な人はどうか?みんながみんな得点を取りたがったらチームスポーツは成り立たないだろう。

野球ではピッチャーも大事だし、キャッチャーも大事。サッカーではフォワードも必要だし、ディフェンダーも必要だ。どちらが欠けても試合はうまくいかない。

優劣などない。あるのは優劣を勝手に判断する経営者だけである。

もしも「目と耳と鼻と口で、どれが優秀か?」と聴く人がいたらどうか?きっとおかしな人だと笑うだろう。

 

(Visited 271 times, 1 visits today)