できる創業ベンチャーは「着眼大局・着手小局」で考える。

できる創業ベンチャーは「着眼大局・着手小局」で考える。

こんにちは。作野裕樹です。
現在、さまざまな創業ベンチャー社長の経営相談に乗っています。
その際、初期段階では「夢は大きく持ちましょう」とお伝えします。
なぜ、夢は大きい方がいいのでしょうか?
理由は多々ありますが、簡単に要約すれば、「エネルギーが高まる」からです。
モチベーションと言い換えても良いでしょう。
ビジネスをする際に最も必要なものは何かと言えば「何が何でも成功したい!」という強く高いエネルギーなのです。
例えば、シンプルに来月から月収1万円アップなりますというのと、月収が10倍になりますというのとでは、どちらが嬉しいでしょうか?
だからこそ、大きな夢がまずは必要なのです。
ところが、大きな夢を持つと、途端に困ってしまう人がいます。
それは「何から始めていいかわからない」という悩みです。
確かに「10年後は年収10倍にする」と夢を掲げても、実際には何から始めればいいかはわからないものです。
でも、それでいいのです。
「現状ではわからないぐらい大きな夢」
であるからこそ、未知なる領域への好奇心などが高いエネルギーに変わっていくのです。
では、何から始めればいいのか?に悩む場合はどうすればいいのでしょうか?
ここで大事なのは「着眼大局・着手小局」という言葉です。
「着眼」とは、いわゆる志とか夢のようなものです。
「着手」とは、実際に手をつけることです。
つまり、志はでっかく、行動は小さいところから、という意味です。
たとえば、大きな夢を持ったとして、何から手をつけていいかわからないのであれば、まずはGoogleで検索する、Amazonで思い当たる書籍をとにかく買ってみる、本屋で立ち読みしてみるなど、できることから少しずつ始めてみることです。
この一歩が偉大なる一歩になることでしょう。
着眼大局・着手小局。
参考にしてみてください。
さくのひろき(作野裕樹)

(Visited 25 times, 1 visits today)