『家主と地主』8月号に「お金の専門家」としてコラム掲載。

『家主と地主』8月号に「お金の専門家」としてコラム掲載。

投資家向け専門誌『家主と地主』8月号にお金の専門家として寄稿したコラムが掲載されました(P72)。

今回は全4回の4回目=最終回、内容は確定拠出年金やiDeCoに加入した後、どのような戦略で投資すればいいか?どのような銘柄を買えばいいか?などについての解になります。

よく「iDeCoはいいよ!」とか「確定拠出年金はいいよ!」という専門家は多いですが、では、一体どのような戦略で銘柄を選択すればいいか?まで語る人はそう多くいません。

実際、確定拠出年金は選ぶ銘柄も多数あり、選択次第では損をすることもあります。人生の戦略に見合わない銘柄もあります。

現在、経営顧問業をやっており、その中で社長や経営者の資産形成のアドバイスもさせていただいております。その際に培った知恵や経験を元に、今回コラム執筆させていただきました。

特に「社長」の場合は一般的なiDeCoとは違った戦略が必要になります。

世間一般のiDeCo投資理論はあまり参考にしてはいけません。

雑誌は主に不動産投資家が対象ですが、会社経営に携わる人全てに参考になる内容です。

参考にしたい方はぜひ『家主と地主』8月号をお買い求めくださいませ。

なお、次月号からは私の長年の本業でもある「IT活用」のコラムをお届けしていきます。お役に立てれば幸いです。

 

(Visited 17 times, 1 visits today)